HEADLINE

【IT】YouTube MusicとYouTubeの有料版、ユーザー数が合わせて5000万人超え

1:
 米Google傘下のYouTubeは9月2日(現地時間)、月額有料サービス「YouTube Music Premium」と「YouTube Premium」のサブスクライバー数が合わせて5000万人を超えたと発表した。その内訳は不明で、この数には無料トライアル中のユーザーの数も含まれる。

 YouTubeは公式ブログで、英調査会社MIDiA Researchの7月のブログを引用し、最速で成長している音楽サービスだと語った(MIDiAのブログでは、有料サービスではなく、YouTube Music全体について、2020年に最も大きく成長(前年比60%増)したサービス、と紹介している)。

 YouTube Music Premiumは2018年5月スタート、YouTube Premiumは同年11月スタートのサービス。広告なしでの再生やオフライン再生などが可能だ。現在の日本での月額料金は、前者が980円、後者は1180円。

 ちなみに、YouTube Music Premiumと競合するスウェーデンSpotifyの有料会員数は、直近の業績発表によると、1億6500万人だった。

 米Appleは自社の有料音楽サービスApple Musicの有料会員数についてあまり公表しないが、2019年に同社の上級副社長、エディ・キュー氏がインタビューで、6000万人以上だと語った。
2021年09月03日 07時54分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2109/03/news071.html
記事を読む

【IT】Windows11、10月5日から一般提供 無償更新可能に

1:
【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトは8月31日、パソコンやタブレット端末向けの新基本ソフト(OS)「Windows11(ウィンドウズ11)」の一般向け提供を10月5日に始めると発表した。CPU(中央演算処理装置)の性能などが一定条件を満たせば、現行OSを搭載する端末の利用者は無料で更新できるようになる。ウィンドウズの大幅刷新は約6年ぶり。

マイクロソフトは6月に新OSを発表し、希望者に対し「プレビュー版」を提供してきた。チャットアプリの「Teams(チームズ)」などクラウドサービスとの連携を強めたほか、パソコンでゲームを遊ぶための性能を強化したのが特徴だ。発表時の目玉の一つだった「アンドロイド」向けアプリの配信に関しては順次対応を進めるという。

一方、マイクロソフトは現行OS「ウィンドウズ10」のサポートを2025年10月まで続ける方針も示している。企業では現行OSを使い続ける動きも多いとみられ、本格的な移行には数年かかる見通しだ。
2021年9月1日 2:06
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN31E5I0R30C21A8000000/
記事を読む
トップへ