HEADLINE

【IT】Windows11、10月5日から一般提供 無償更新可能に

1:
【シリコンバレー=佐藤浩実】米マイクロソフトは8月31日、パソコンやタブレット端末向けの新基本ソフト(OS)「Windows11(ウィンドウズ11)」の一般向け提供を10月5日に始めると発表した。CPU(中央演算処理装置)の性能などが一定条件を満たせば、現行OSを搭載する端末の利用者は無料で更新できるようになる。ウィンドウズの大幅刷新は約6年ぶり。

マイクロソフトは6月に新OSを発表し、希望者に対し「プレビュー版」を提供してきた。チャットアプリの「Teams(チームズ)」などクラウドサービスとの連携を強めたほか、パソコンでゲームを遊ぶための性能を強化したのが特徴だ。発表時の目玉の一つだった「アンドロイド」向けアプリの配信に関しては順次対応を進めるという。

一方、マイクロソフトは現行OS「ウィンドウズ10」のサポートを2025年10月まで続ける方針も示している。企業では現行OSを使い続ける動きも多いとみられ、本格的な移行には数年かかる見通しだ。
2021年9月1日 2:06
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN31E5I0R30C21A8000000/
記事を読む

【テレビ】田中みな実 元カレのSNSチェック「結婚したんだ」「子供生まれたんだ」 共演者「知ってどう思うの?」

1:
9/5(日) 11:06
スポニチアネックス

田中みな実 元カレのSNSチェック「結婚したんだ」「子供生まれたんだ」 共演者「知ってどう思うの?」
フリーアナウンサーの田中みな実
 フリーアナウンサーの田中みな実(34)が4日放送のテレビ朝日「あざとくて何が悪いの?」(土曜後9・55)に出演。過去に交際していた男性のSNSをチェックしたことがあると明かした。

 「元カレ元カノのSNSや動向をチェックする?」とのトークテーマで、田中は「初めて付き合った人を名前検索して、『結婚したんだ』『子供生まれたんだ』って」とチェックするタイプだと告白。

 共演者からは「知ってどう思うの?」と質問が。これには「ちょっと複雑な気持ちにはなります」とコメントした一方で「だけど、昔の話で未練があるわけでもない」と強調。「なんか不思議な気持ちにならない?」と語っていた。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/b8cc3cd3bdc32ced64a821fed8b46ebb44fa67d4
記事を読む

【東京パラ】パラ閉会式でついにミライトワとソメイティが登場 SNSでは歓喜の声「かわいい」「待ってました!」

1:
https://www.oricon.co.jp/news/2205946/full/

東京パラリンピックの閉会式が5日、東京・国立競技場で行われた。これまで東京五輪の開会式・閉会式、パラの開会式で出番がなかった公式マスコットキャラクター「ミライトワ」「ソメイティ」がそろって登場し、ネット上では歓喜の声があがっている。

両キャラクターが国立競技場に現れると、「最後の最後にミライトワとソメイティに出番をくれてありがとう(涙)」「出るの遅すぎ!」「かわいいかわいいかわいい♥」「みんな大好きじゃん!待ってました!」などと反応。ツイッターではトレンド3位にランクインしている。

閉会式のコンセプトは「Harmonious Cacophony(ハーモニアス カコフォニー)」。それぞれの違いを認め個性を輝かせることで“不協和音を調和させていく”との願いが込められている。

no title

no title
記事を読む

【ラジオ】東野幸治が弘中綾香アナ“宅飲み写真”に皮肉「バラエティータレントのほうがどんだけ真面目か」

1:
9/5(日) 17:01
東スポWeb

東野幸治が弘中綾香アナ“宅飲み写真”に皮肉「バラエティータレントのほうがどんだけ真面目か」
“宅飲みパーティー写真”が流出した弘中綾香アナ
 お笑いタレント・東野幸治が3日深夜放送の朝日放送ラジオ「東野幸治のホンモノラジオ」に出演。“宅飲み写真”が流出したテレビ朝日・弘中綾香アナウンサーを皮肉った。

 東野はこの1~2週間、仕事が忙しくなく、映画館やネット配信で映画ばかり見ていたといい、その流れで「テレ朝の弘中アナウンサーよりわびしい生活してますよ」とチクリ。さらに「何なんですか、あの人ら。楽しそうな。偏差値の高い4年制大学の仲間と集まって、なんか写真撮って。テレビ出てるときとは違う感じの服着て。『なんやあいつら!』って思いながら(笑い)。こっちのバラエティータレントのほうがどんだけ真面目なんか。ずっと映画見てるんですよ…」と自虐した。

 また、おすすめの映画を教えたくれた後輩芸人らに、その感想を送ったが返事が来なかったそうで「テレ朝の弘中さんのほうが人望あるんですよね。すぐコロナ禍で集まろうって言って、集まってくれるんですから」とこぼしていた。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210905-03600130-tospoweb-000-3-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/71e6b541b3df884c70e49b8820c7161b2c0cb0bd
記事を読む

【アフガニスタン】タリバン、中村哲さんの壁画消去 「タリバンは暴力や自爆テロ、芸術や文化の破壊ばかりやっている」

1:
コンクリート塀が真っ白に塗りつぶされて、中村哲さんの似顔絵が消された壁=5日、アフガニスタン・カブール(共同)
no title

アフガニスタンの首都カブール中心部の塀に描かれた中村哲さん=2019年12月(共同)
no title


【イスラマバード=共同】アフガニスタン首都カブール中心部のコンクリート塀に描かれた、福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表だった医師、故中村哲さんの似顔絵が5日までに真っ白に塗りつぶされて消された。イスラム主義組織タリバンの抵抗勢力だった英雄の名を冠した交差点にあったため、支配を誇示したいタリバンが指示したとみられる。

絵は背景に日の丸が描かれ、花が咲いた木々を中村さんが見つめる構図だった。ペンキで塗りつぶされ、主要言語の一つパシュトゥー語で「独立おめでとう」と、駐留米軍の撤退完了を祝う文言が新たに書かれた。

近くには爆弾で殺害された元ジャーナリストや、テロ負傷者の治療に当たった医師、通学する女子学生らの絵もあったが、全て塗りつぶされた。

絵を手掛けたのは、爆風被害を防ぐコンクリート塀をキャンバスに、社会性のあるメッセージを発信する芸術団体「アートロード」。73歳だった中村さんが2019年12月、東部ジャララバードで殺害された直後に貢献をたたえて描いていた。

同団体代表のオメイド・シャリフィさん(34)は取材に「タリバンは暴力や自爆テロ、芸術や文化の破壊ばかりやっている」と憤り「こうした行為で中村医師の記憶を消すことはできない」と強調した。

情報・文化省の男性幹部は「芸術を守る立場にありながらタリバンが恐ろしくて何もできない。歯がゆい気持ちだ」と悔やんだ。

交差点は、旧タリバン政権に抵抗して01年に暗殺された国民的英雄、マスード司令官の名前を冠した「マスード広場」と呼ばれる。マスード氏の写真も掲げられていたが、取り外された。

2021年9月5日 20:52
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM053AZ0V00C21A9000000/
記事を読む

原題より邦題の方が合ってる外国映画

1:
原題:I DRINK YOUR BLOOD(私はあなたの血を飲む)
            ↓
       邦題:『処刑軍団ザップ』

映画の内容に合ったカッコイイ邦題だと思う。
もしデスメタルバンドを結成するならバンド名は『処刑軍団ザップ』
にしたいぐらい。
記事を読む

【北海道密着コンビニ】「セイコーマート」が50周年 大手が真似できない強さの源泉 [朝一から閉店までφ★]

1:
2021.09.05 07:00
NEWSポストセブン

 北海道を主戦場とするコンビニエンスストアの「セイコーマート」(以下、セコマ)が8月に創業50周年を迎えた。道内に1000店舗以上を展開し、道民に愛され続けているセコマ。その人気の秘密をジャーナリストの山田稔氏がレポートする。

 * * *

 毎年のように北海道を訪れている。そのたびにセコマの店舗をのぞき、道内産の商品を探すのが楽しみの一つだ。

 今年もいくつかの気になる商品を購入した。「北海道産とうもろこしでつくったトルティーヤチップス」「増毛町産洋なしゼリー」「北海道メロンソフト」などなど。手ごろな価格で地元産を使用した商品を楽しめるので、実は道外から訪れる観光客にも人気となっている。

 ちなみに同社によると、この夏のヒット商品は「Secoma京極の名水ブラック珈琲 無糖」(本体価格100円)、北海道産乳原料100%使用の「Secomaバニラバー」(同70円)などだという。





北海道のコンビニでは3軒に1軒がセコマ
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://www.news-postseven.com/archives/20210905_1688614.html?DETAIL
https://www.news-postseven.com/archives/20210905_1688614.html/2
https://www.news-postseven.com/archives/20210905_1688614.html/3
https://www.news-postseven.com/archives/20210905_1688614.html/4
https://www.news-postseven.com/archives/20210905_1688614.html/5
記事を読む

菅退陣「当然」56.7% 共同世論調査

1:
共同通信社が4、5両日実施した全国緊急電話世論調査で、次の首相にふさわしい人は河野太郎行政改革担当相が31.9%でトップだった。石破茂元幹事長26.6%、岸田文雄前政調会長18.8%が続いた。

菅義偉首相が退陣する意向を表明したことについて「退陣は当然だ」と答えたのが56.7%、「退陣するべきではなかった」が35.3%だった。菅首相による約1年間の新型コロナウイルス対応を「評価する」と答えたのは40.4%で、「評価しない」は56.3%だった。

有効回答者数は固定電話538人、携帯電話533人。

2021/9/5 16:37 (JST)9/5 16:50 (JST)updated
https://nordot.app/807152165445091328
記事を読む

【人権】失われるLGBT+の生命線、ロシアなど6カ国で関連サイトに弾圧

1:
アングル:失われるLGBT+の生命線、関連サイトに弾圧
https://jp.reuters.com/article/idJPKBN2FX2LS

By Reuters Staff
[ロンドン 31日 トムソンロイター財団] – ロシアが各都市で性的少数者によるパレード「プライド・マーチ」を禁止し始めると、「ロシアLGBTネットワーク」のミヒャイル・ツマソフさんはインターネットで情報発信を続けようと考えた。しかし、ロシアの当局はこの動きにすぐ追い付いた。

ツマソフさんによると、ロシアのネット規制当局はこの団体のサイトを何度も閉鎖しようと試みた。当局が盾に取ったのは、2013年に成立した「反ゲイ・プロパガンダ」法。LGBT+(性的少数者)に関する情報が子どもに広がることを禁じている。

団体は法廷に異議を申し立て、今のところ成功している。ツマソフさんはトムソンロイター財団の電話取材に、「従ってわれわれのウェブサイトはまだ残っており、社会におけるわれわれの居場所も維持されている。しかし、誰もがこのように成功しているわけではない」と語った。

3つの人権団体が今週、世界の状況をまとめた報告書を公表した。それによると、2016年半ばから20年半ばにかけ、ロシアでは32のLGBT+のサイトがプロバイダー上で1回以上アクセスできなくなった。

「アウトライト・アクション・インターナショナル」、「トロント大学市民ラボ」、「ネットワーク干渉オープン監視団(OONI)」の3団体がまとめた同報告書は、「最も頻繁にアクセスできなくなるのはLGBTIQ関連のニュースサイトで、次いで文化、人権関連のサイトだ」としている。

ロシアでは同性間の交際関係は合法だが、性的区別や性同一性に対する姿勢は今でもおおむね保守的だ。

同国は2020年の国民投票により、異性間の結婚しか認めない憲法改正が承認された。これにより、同性婚を支持する法律を将来制定する道は事実上閉ざされた。

トロント大学市民ラボの調査幹部、イレーネ・ポエトラント氏は、「政府はさまざまな方法でLGBTIQのウェブサイトをふるいにかける。法的手段と技術的手段を用いるのが典型的だ」と話した。

<「国家安全保障上の危険」>
報告書はロシアのほか、インドネシア、マレーシア、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)に焦点を当てている。ポエトラント氏によると、これら6カ国を選んだのは、LGBT+関連のコンテンツを監視していることが分かっている国々だからだ。

報告書によると、こうしたサイトを禁じることは、「市民的及び政治的権利に関する国際規約(ICCPR)」の第19条に違反している。インドネシア、イラン、ロシアの3カ国はICCPRの署名国だ。

ICCPRは「すべての者は、表現の自由についての権利を有する。(中略)国境とのかかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含む」と定めている。

報告書によると、6カ国のうちLGBT+関連のサイトにアクセスできないようにした件数が最も多かったのはイラン(75件)で、次いでUAE(51件)だった。

インドネシア政府は5年前、LGBT+のサイト禁止に動くと表明。報告書によると、現在少なくとも38のサイトが閲覧できない。

「LGBTIQコミュニティは政府から、国家安全保障にとって危険であり、社会を織り成す倫理的結束を脅かすものとして位置づけられている」と、リニ・ズーリアさんは電子メールでロイターにコメントした。リニ・ズーリアさんはインドネシアにあるLGBT+の団体で活動している。

ロシアのツマソフさんは、LGBT+の人たちにとってインターネットは欠かせない社会的な生命線になっており、その弾圧は差別と人権無視を反映していると語る。「LGBTIコミュニティの言論の自由は、同性愛を嫌悪する人たちからの多大な脅威に苦しんでいる」と、ツマソフさんは話す。

(Hugo Greenhalgh記者)
記事を読む
トップへ