HEADLINE

【経済】 三省堂書店 神保町本店建て替えで22年3月に一時閉店へ

1:
2021年9月2日

 三省堂書店は9月2日、神保町本店について建物老朽化による建て替えで2022年3月下旬に営業を終了すると発表した。建て替えは本店と隣接する第2・第3アネックスビルも含む。同4月から解体をはじめ同地に25~26年頃の竣工を予定している。本社部門の移転先と工事期間中の仮店舗は検討中としている。

 同店は、1983年3月に創業100周年記念事業として竣工。その後、神保町本店(旧・神田本店)として営業してきた。敷地面積は第2、第3アネックスビルを含め計1745・88平方メートル。

https://www.bunkanews.jp/article/238087/
記事を読む

原題より邦題の方が合ってる外国映画

1:
原題:I DRINK YOUR BLOOD(私はあなたの血を飲む)
            ↓
       邦題:『処刑軍団ザップ』

映画の内容に合ったカッコイイ邦題だと思う。
もしデスメタルバンドを結成するならバンド名は『処刑軍団ザップ』
にしたいぐらい。
記事を読む

【芸能】“めるる”生見愛瑠 ショートパンツで大胆に美脚披露! ファン「スタイル抜群」「お上品」「脚長すぎる」

1:
めるる 「今日はこんな感じ」秋らしいコーデで大胆に美脚披露! ファン「スタイル抜群」「お上品」


モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠(19)が4日までに自身のインスタグラムを更新。
ショートパンツスタイルの秋らしいコーディネートから大胆に美脚を披露した。


「今日はこんな感じでした。秋」とつづり、落ち着いた色合いのショートパンツスタイルの服装に白いブーツを合わせた秋らしいコーディネートをアップ。
すらっとした美脚を大胆に披露した。


フォロワーからは「相変わらずスタイルが良すぎ」「スタイル抜群」「美脚」「顔ちっさすぎ!何頭身!?」「お上品な感じ」
「脚長すぎる」「足ほっそ」「何着ても似合う」「かわいい」「神すぎる」という声が寄せられた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/df9009de60df811c5e1e8edaa10d4c59bbb28085


記事を読む

【京アニ】山田尚子 監督、京都アニメーションを退社していた 「けいおん!」や「聲の形」などを手掛ける

1:
http://animationbusiness.info/archives/11882

『平家物語』がテレビアニメとして制作されることが発表された。『映像研には手を出すな!』『DEVILMAN crybaby』『夜明け告げるルーのうた』など数々の傑作アニメを世に送りだしてきたサイエンスSARUがアニメーション制作を担当する。

 また監督の山田尚子の起用が、サプライズになっている。山田尚子は京都アニメーションで「けいおん!」シリーズや映画『聲の形』、『たまこラブストーリー』といった話題作を監督してきた。

いずれもファンの支持が高いだけでなく、作品の高い評価も特徴になっている。前作の『リズと青い鳥』までは京都アニメーションに所属、同社の制作で監督している。『平家物語』は山田尚子が京都アニメーションを離れての初の監督作品になる。

 脚本では『けいおん!』で山田と共にスタッフだった吉田玲子、キャラクター原案に『絶対安全剃刀』などの漫画家・高野文子、音楽に牛尾憲輔、キャラクターデザインに小島崇史など、実力派のスタッフが並ぶ。かなり気合の入っていると言っていいだろう。



<参考>
山田尚子監督作品(京アニ時代)
アニメーション映画
『映画けいおん!』(監督)
『たまこラブストーリー』(監督)
『映画 聲の形』(監督)
『リズと青い鳥』(監督)

テレビアニメ
『けいおん!』(監督)
『けいおん!!』(監督)
『たまこまーけっと』(監督)

記事を読む

【ここが変だよ日本のテレビ】 <デーブ・スペクター>最近の日本はテレビ離れが加速して…大変、困っているんです。

1:
僕は日本のテレビが大好きだから、先々がちょっと心配 

――デーブさんは日本とアメリカの映像を売買するというビジネスをされています。日本の番組にどんな印象を持ちましたか。
外国人から見ると日本の番組フォーマットは非常に面白い。昔人気だった『なるほど!ザ・ワールド』なんか海外のいろんな場所を取材して、クイズの謎解きを入れながら展開していて斬新でしたね。海外の番組だと旅行なら旅行、クイズならクイズと単独のジャンルでパッケージしますから、あれは日本独特の発明だと思います。

あと、衝撃を受けたのが日本のお笑いやバラエティ。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の“早朝バズーカ”とか『風雲!たけし城』の大仕掛けのアトラクション。個人的には『夕やけニャンニャン』の“タイマンテレフォン”もエキサイティングでした。とにかくぶっとんでいて、そうしたコンテンツを本国に紹介したら、「なんだ、これは! 面白い!」と。勤勉で真面目、メガネをかけた堅物サラリーマンという日本のイメージを見事にひっくり返しましたね。これはすごいとアメリカやイギリスのテレビ局が飛びついて、こぞって映像を使ってくれました。

――今の日本のテレビについてはどう思いますか?

日本のコンテンツは世界に十分通用すると思います。生放送も器用でうまい。朝からニュースや情報番組をやっていますけど、にぎやかで、あの見せ方は上手ですよね。民放の昼間のテレビも楽しいし、けっこうためになる。世界的にみても日本のテレビ技術は最高で、見た目がとてもいいし、テレビそのものはすごく優れている。

しかしここ10年で、テレビを取り巻く環境が変わってしまった。いままでなかったNetflixやAmazonプライムビデオなどの映像ストリーミング媒体が出てきてテレビの視聴者をどんどん奪っている。けれど日本のテレビはそういう流れを予測できずに、準備していなかった。

その点海外のテレビは、CNNを筆頭とする24時間ケーブルテレビが80年代に現れたとき地上波のテレビはスタンスを変えたので、最近のストリーミング配信の影響はありません。

一方、最近の日本はテレビ離れが加速して、視聴率を世帯から個人に変えるなどしてあたふた。大変、困っているんです。どうしていいかわからない。

じゃあどうすればいいかというと、やはりコンテンツにつきます。いまだってネタ番組、音楽、スポーツ、面白い番組ならば必ず見ますよね。テレビ離れにはいろんな理由がありますが、シンプルに考えると視聴者の欲求に応えられていないということ。

番組作りが方向性を失っていると感じることがたくさんありますし、これまでテレビを支えてきたチャレンジスピリットや探究心が減ってきているんじゃないかなと思います。長年テレビがメディアの王様だとあぐらをかいていたから、結局そのつけが回ってきている。僕は日本のテレビが大好きだから、先々がちょっと心配なんですよ。

――ここを変えたらいいと思うことはありますか。

まずキャスティングですね。芸能事務所の意向を優先して選ぶのではなく、その人が面白いか面白くないかだけで使うべき。海外ではエージェント(芸能事務所)の力よりも個人の力が重視される。日本は特殊ですね。

次はバーターの問題。「AさんとBさんを抱き合せ(セット)で売り出す」というように番組の中に同じ事務所のタレントがたくさんいる。あるいは主役やMCの好みを受けて使うとか、それ以外にも“天の声”といわれる行政キャスティングが幅をきかせている。僕はずっとエンタメの仕事をしてきましたが、最近は特にその傾向が強いように感じます。だから視聴者から同じ出演者しか出ていないという不満がたくさん出ていますよね。

そして3つ目はドラマが進化していない。まったくダメですね。さっき挙げたキャスティング理由から演技がまったくできないような人を、わかったうえで使っている。これは問題に決まっているじゃないですか。日本以外の国では、どんな大物俳優でもオーディションによってふるいにかけられる、その役が合っているかどうかを含めて。

それを飛び越して、演技できない人を視聴者に押し付けるんですから、迷惑な話。ましてやNetflixなどのドラマの俳優たちがすごい演技をしているのに慣れていると、日本のドラマは残念に映ります。下駄を履かせてもらっている俳優は、視聴者からすると、「えこひいきで出演している」と透けて見えてしまうこともあるでしょうね。
記事を読む

阿佐ヶ谷姉妹「幸せ通り越して腰が抜けた」 NHKの『発表』に騒然

1:
2021年9月2日、NHKが発表した新ドラマの内容にネット上で驚きの声が続出しました。

ドラマで阿佐ヶ谷姉妹を演じるのは…?
同年11月からNHKでスタートする新テレビドラマのタイトルは『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』。

そう、お笑いコンビ『阿佐ヶ谷姉妹』のエッセイをドラマ化したものなのです。

エッセイは阿佐ヶ谷姉妹の姉・渡辺江里子さんと、妹・木村美穂さんの2人によるものですが、ドラマに本人役で出演するわけではありません。

ドラマで姉・江里子さんを演じるのは、俳優の木村多江さん。そして、妹・美穂さんは、テレビドラマ『深夜食堂』シリーズなどで知られる、俳優の安藤玉恵さんが演じます。

ドラマ化に、阿佐ヶ谷姉妹「一生に一度の機会」
癒しのオーラを放ち、幅広い世代に人気のある阿佐ヶ谷姉妹。

そんな2人のエッセイがドラマ化されるというだけでなく、まさかのキャスティングに、ネット上では「ジョークかと思った」と、驚く声も多数寄せられていました。

・もしも放送日が4月1日のエイプリルフールだったら、ドラマ化の話を信じなかった。だけど、本当なのか…!

・本人たちが出演しないのは残念だけど、絶対見る!

・なんと興味をそそるキャスティング。

阿佐ヶ谷姉妹もまた、今回のドラマ化には驚きを隠せなかったようで、「幸せ通り越して腰が抜けております」「これは姉妹にとって一生に一度の機会」とコメントをしています。

渡辺江里子さん コメント
こんな地味な話、誰が興味を持ってくださるのかしらと思う話ばかりの本が出版となり、それだけでも幸せでしたのに、えええドラマ化?!

このエリコをあの木村多江さんに、みほさんをまさかの安藤玉恵さんに演じていただけるなんて。幸せ通り越して腰が抜けております。また整骨院に行ってこなくちゃです。

ドラマの中の「我が家」や「ご近所さん」のお話、どう見ていただけるのか、とてもとても楽しみです。

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし ーより引用
木村美穂さん コメント
『のほほんふたり暮らし』がドラマ化されると聞きまして、夢にも思っていなかったので本当にびっくりしております。

ドラマになりそうなエピソードがあったかしら? と本を読み返してみたのですが、地味なことしか書いていなかったので、申し訳ない気持ちになりました。

渋沢栄一さんのような方でないとドラマ化されないと思っていたので、これは姉妹にとって一生に一度の機会だと、ワクワクドキドキ、阿佐ヶ谷の我が家から拝見するのを楽しみにしております。

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし ーより引用
阿佐ヶ谷姉妹の2人の同居生活、そして理想の暮らし方を見つけるまでを描いた、愛あふれるホームドラマ『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』。

放送前から良作であることを感じさせる同作は、2021年11月1日、毎週月曜22時45分から放送です。

2021/09/02 18:22grape
https://news.nicovideo.jp/watch/nw9836138?news_ref=50_50
https://i.imgur.com/h630NW5.jpg
記事を読む

【悲報】PS5とPCを比較した結果、PS5がゴミハードだと判明してしまうwwww

1:
PS5の特徴
・CPUが1世代前
・GPU性能が2016年発売のGTX1080以下
・エロ規制&グロ規制あり
・MOD非対応でバニラでしか遊べない
・プレイ時間が2時間未満でもゲームの返金不可
・ベセスダのゲームが遊べない
・LoL、Dota 2、Valorant、Tarkov、CS:GO、Valheim、Forza、Microsoft Flight Simulatorが遊べない
・Xbox Game Passが使えない
・144Hz、240Hz、360Hz、WQHD、ウルトラワイド、マルチモニターが非対応
・オンライン月額850円なのに障害あり
記事を読む

新着記事

トップへ